2020.07.08 / book-website

課題図書⑤天使のにもつ

読書感想文コンクールに今年もチャレンジするぞというみんなへ。今年の課題図書について紹介します。

☆『天使のにもつ』はこんな人におススメ☆
保育園の仕事に興味がある / 職場体験、どこに行こうか考え中

 

高校、そして中学でも最近増えてきた「職場体験」。みなさんはどんなところに行ってみたいですか? ハンバーガーショップ? ペットショップ? ユーチューブスタジオでしょうか?

この本の主人公、中学2年生の斗羽風汰は「子どもとあそんでいればいいんだろう」という適当な想像から、職場体験先として保育園を選びます。

と同時に、子犬を拾ってしまいます。団地はペット禁止なので、団地の駐輪場の小屋にかくまいながら飼い主を探すことにします。

「マジミスった」と思いつつも風汰は一日目、二日目と、職場体験に通います。

頭の上で結わいた前髪をちょんまげみたいにぴょこぴょこさせながら「あざ~す」と返す。

「ふうたくん、ここきて!」「ふうたくんすき」と、子どもたちに慕われる風汰。「おもしろい子ね」という園長。

「おまえらって、けっこうすげーな」と子どもに感心したり。

キャラクターの箸箱ケースを持つ子どもたちの中で、小さな手には不似合いな割り箸を使う子どものことが気になったり。あまりお母さんに大事にされていないような気がするのです。

「なんも考えてないんだ。あいかわらずアホだよなあ」と言われる風汰が五日間の職場体験の中で、小さな命に対して「自分はまだなにかしてやれるほど大人じゃない」「でも、今できることをする」--そんな気付きを持つ成長物語。

 

◆本について 『天使のにもつ』 著:いとう みく /翻訳: 杉本 あり  出版社: 童心社 1,430円

この記事を書いた人

あすとれ編集部
編集長・春瀬(編集・ライター兼キャリアカウンセラー)と、ライターさん、就労前世代のモニターバイトさんから成る編集部です。拠点は大阪市内。「こんな記事が読みたい」などリクエスト募集中!