2017.09.25 / abroad

留学経験者からのアドバイス

実際に留学を経験した人、長期間行っていた人にこそ、聞いてみたいことありますよね。今回は中3男子の質問に、AYAKAさん(カナダに1年半留学後、英語力を活かして外国人向けフリーペーパー作成中)に答えてもらいました。

≪質問≫ 僕は、中・高六年制の私立に通っています。海外での仕事がおもしろそうだなあと思っていて、高校に進んだら学校から参加できる3か月留学・2週間留学、もうひとつ、学校とは関係なく企業さんが実施する夏休み40日間プラン、3つのどれかに参加できたらいいなあって考えています。

でも、英語で話すことにあまり自信がなくて、3か月でも2週間でも「ちゃんと話せるかな? 通じるかな? 友達ができるかな?」って不安と緊張があるんです。

まだ準備期間もあるから、❝行く前にこんな準備をしておくといいよ❞ってアドバイスがあれば教えてください。

 

AYAKAさんからのアドバイスがこちら ↓

Advice1 知っている単語だけで説明してみる

❝人気テレビ番組・イッテQの出川イングリッシュ❞、面白いですよね。あのコーナー、見たことありますか? もしも週末とか1人~数人で出かけたら、まさに最初はあんな状況になるんです(笑)。出川さんが素晴らしいなあって思うのが、目的地の名称とか英語で何て言うのかわからなくても自分が知っている限りの単語で説明してるじゃないですか。単語を並べて目的地にたどりついていますよね。発音ができてなくても、伝えたいって気持ち・素直さでなんとかなっていてすごいなって見ているんです。

たとえば、『コーヒー』って単語が発音のせいなどで伝わらなかったとします。「休憩のときに飲むもの・黒い液体」とか、自分が知っている限りの単語で、どういうものなのか説明すれば「ああ!」ってわかってもらえるんですよ。そんなふうに考えて考えて伝えて覚えた単語や発音は忘れないんですよね。そうやってだんだん単語も覚えていく。

出川さんの伝えたいって気持ち&素直さ、知っている単語で説明してみるって行動、ぜひマネしてみてください

 

Advice2 1日5分、頭を英語に

今の日本での生活の中で、当たり前のことを英語にしてみる。英語ならどうやって相手に伝えるかなって1日5分、自分の言葉で考えてみてはどうでしょうか?

たとえば、食事時の「いただきます」。英語でなんて言うかわかりますか? 違う国の人に「それは何? どういう意味? 何をしているの?」って聞かれたら、意外と答えられないですよね。

これ日本だけの文化・セリフなので、英語では該当する表現がないんですよ。翻訳サイトだと「Let’s eat!」って出てきます。

自分なら英語でなんて言うかな? 海外の人にどう説明するかな? って1日5分英語で考えてみてください。

 

Advice3 日本の文化を知っておく

さっきの「いただきます」にもいえることですが、自分の国の文化を知って、説明したり意見したりできるようにしておくといいですよ。

留学先にはいろんな国の人がいて、みんな相手の国に対して興味があるんです。「日本にはどのくらいの人が住んでいるの? 何を食べているの? 観光では、どんな場所を見ることができるの?」とか。聞かれてすぐに答えられないものもありますよね。

日本のこと・日本の文化について、日本人同士の会話では聞かれることがないから普段あまり考えないですよね。海外に行くと「日本人って自国の文化をよく知らない人も多いな」って感じることがあるんです。一方、海外の方って自国への理解が深いんですよ。

日本のこと聞いてもらえて説明できて、また興味を持っていろいろ聞いてもらえたらうれしいですよね。ぜひ、日本の文化についても調べてみてください。

「こんなことを知りたい」「取材してきて」など、みんなの声を待ってます

★★★投稿はこちら★★★

この記事を書いた人

あすとれ編集部
編集長・春瀬(編集・ライター兼キャリアカウンセラー)と、ライターさん、就労前世代のモニターバイトさんから成る編集部です。拠点は大阪市内。「こんな記事が読みたい」などリクエスト募集中!