2017.07.30 / book-website

カラフルで楽しい! わかりやすいプログラミング本

プログラミングの先生〟おすすめBOOK①

「小学校でのプログラミング教育がもうすぐ必須化される」――最近よく話題にのぼるこのニュース。

「プログラミングができたら将来的に有利かも」って思いつつも、プログラミングの本って難しそう……そんな風に感じていませんか?

今回紹介してもらった1冊はカラフルで楽しくてわかりやすい!

『絵本なので楽しく読めて、プログラミングにふれる最初の1冊としてオススメですよ』とのこと。

前半は絵本、後半は「やってみよう」形式。後半は子ども一人では難しいかも。親子でトライしたり、詳しい人に手伝ってもらうといいね。

「プログラマーになりたい!」って人にも、「プログラミングってそもそも何?」「どんなことができるの?」って人にもおすすめです。

❝大きな問題は小さな問題に分けて考える❞などのプログラマー的思考は

日常のいろんなシーンで、そして将来どんな職業についた時にもきっと役立つんじゃないでしょうか。

世界で大反響の1冊 ↓

続編も出たよ ↓↓

この記事を書いた人

あすとれ編集部
編集長・春瀬(編集・ライター兼キャリアカウンセラー)と、ライターさん、就労前世代のモニターバイトさんから成る編集部です。拠点は大阪市内。「こんな記事が読みたい」などリクエスト募集中!