2017.08.23 / book-website

なんども読みたくなる1冊~児童文学・夏の庭

編集&ライター春瀬のおすすめBOOK①

「大学生の時に手に取ってからずっと心に残っていて、何度も何度もこの本を読みました」。『あすとれ編集部』編集&ライター春瀬のおすすめBOOKその1、児童文学の名作『夏の庭』。

❝新潮文庫の100冊2017❞にも選ばれていて、アマゾンでもベストセラーの表示がついている、子どもから大人まで本当にたくさんの人が愛する名作だ。

小学校6年生の男子三人組。「人が死ぬ瞬間を見たい」――子どもらしい無邪気で残酷な好奇心から、ひとり暮らしの生気のないおじいさんを見張り始める。

観察されていることに気付いたおじいさんは、最初怒りながらもやがて子どもたちの訪れを心待ちにし、不思議とどんどん元気になっていく。

12歳の少年達と老人のふれあいは最初こそぎこちないけれど、友情が芽生えていき、それぞれにとって忘れらない夏となる。

「数々の賞をとり、映画化・舞台化されたほか、十数カ国で翻訳出版されているこの作品。❝小説を書いてみたい❞という子ども達には特におすすめですね。テーマ設定・ストーリー作り・描写さまざまな面で学ぶところがたくさんあると思いますよ」

文庫本はこちら↓↓

DVD版はこちら↓↓

この記事を書いた人

あすとれ編集部
編集長・春瀬(編集・ライター兼キャリアカウンセラー)と、ライターさん、就労前世代のモニターバイトさんから成る編集部です。拠点は大阪市内。「こんな記事が読みたい」などリクエスト募集中!