2020.07.11 / book-website

課題図書⑩北極と南極のへぇ~ くらべてわかる地球のこと

読書感想文コンクールに今年もチャレンジするぞというみんなへ。今年の課題図書について紹介します。

☆『北極と南極のへぇ~ くらべてわかる地球のこと 』はこんな人におススメ☆

環境問題に興味がある / ノンフィクションが好き / 北極・南極のことをもっと知りたい

~小学校中学年の課題図書ですが紹介していきます。楽しく読んで地球のこと、考えてみてくださいね~

 

南極と北極、どう違うかわかりますか? 「どっちも寒くて似たような環境じゃないの?」--そんな声が聞こえてきそうですね。

この書籍は、北極と南極の違い、生息している生物のこと、そこで暮らす人々の暮らしなどを朝日新聞記者である中山さんが、クイズ形式やイラストをおりまぜつつ、子どもたちにもわかりやすく紹介してくれる環境ノンフィクション。

会話文になっているので読みやすく、タイトルの通り「へぇ~」と感じながら、地球について、動物について、世界で暮らす人々の生活について、そして温暖化などの地球全体の問題を自然と考えられる展開になっています。

花が咲く北極の夏、動物たちの写真もたくさん紹介されていて、北極と南極の動物コラムも充実しているので動物が好きな子どもにもオススメの一冊です。

 

◆本について 『北極と南極のへぇ~ くらべてわかる地球のこと 』 著:中山 由美 出版社: 学研プラス 1,540円

この記事を書いた人

あすとれ編集部
編集長・春瀬(編集・ライター兼キャリアカウンセラー)と、ライターさん、就労前世代のモニターバイトさんから成る編集部です。拠点は大阪市内。「こんな記事が読みたい」などリクエスト募集中!