2019.11.26 / manners-about-money

確定申告ってなんだろう②

前回の続きです。 ※①の記事はこちら

①では、「企業に勤めた場合は会社で手続きをしてくれますから、確定申告は必要ありません」と書きました。

ただし最近の会社は副業を認めるところが増えてきました。「会社以外でも働いていいよ」ということなので「勤め先のお給料以外に一定以上の所得がある」、その場合は確定申告が必要です。ほか、ブログの広告収入、株取引でお金を得る、テレビ番組の懸賞で当たった、そんな時にも必要です。

◆確定申告をする場合……期間が決まっています。一年間(1月1日~12月31日)の所得について、翌年の2月16日~3月15日に手続きすることになります。

◆確定申告のメリット……確定申告は、税金を納めるだけではなく、申告をすることで税金が戻ってくることもあります。

サラリーマンの場合でも、たとえば自宅を購入した、病気になって一年間の医療費をたくさん払った、そんな場合、申告することで「会社から引かれていた税金は払いすぎだった」として還付される(戻ってくる)のです。

学生でも夏休みなどにがっつり働いて一カ月のアルバイト代が10万円以上になるようなことがあれば所得税が差し引かれます。けれど年間通してのアルバイト代が103万円を越えていなければ、確定申告で戻ってきます。

「確定申告って難しそうだからあきらめよう」ではなくて、思い切ってやってみましょう。税務署では教えてもらうこともできます。教えてもらいながら手続きをすれば、勉強にもなるし税金も戻ってくるという「一度で二度おいしい」経験ができますよ。

もう少し詳しく知りたい方は、ネットで調べることができますが、サイトによっては正しくない情報を掲載しているものもあります。国税庁のホームページでは正しい情報を確認することができます。少し難しい表現もありますが、Q&Aコーナーなどわかりやすいページから見てみるといいですよ。

この記事を書いた人

植田 香代子
1級ファイナンシャルプランニング技能士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント。 大学での授業、新入社員向けの研修、ひとり親の就業相談などの現場で、マネーとキャリアの両面からサポートを行っている。 マネーとキャリアの相談室